スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒアルロン酸について

ヒアルロン酸


ヒアルロン酸はムコ多糖類というネバネバとした成分
主に皮膚と表皮、真皮、軟膏、目の硝子体(しょうしたい)にも必要とされているます。


ヒアルロン酸は水分を保つ力があり、ゼリー状のもので弾力もあり1gで6ℓもの水分を抱え込む優れ成分


ヒアルロン酸は40℃を超えると壊れてしまいます
加工や加熱調理に弱いとされています


ヒアルロン酸の主な食材
鳥のトサカ、鳥の皮、手羽、軟骨、豚足、フカヒレ、うなぎ、ぬめりの強い海藻類に含まれます
スポンサーサイト

油の取り方

『あぶら』と聞いて様々な油がありますよね

食事でとんな油を日常的にとっているかで

健康の状態が変わってきています

『あぶら』について考えていきたいと思います



常温で液体状のものを「油」
固体状のものを「脂肪」



液体と固体で異なる理由は、油脂に含まれる「脂肪酸」の違いなのです。


常温で固まりやすい脂肪酸は「飽和脂肪酸」と言われ、肉類や卵、バターに多く含まれています。
常温で固まりにくい脂肪酸は「不飽和脂肪酸」と言われています。
この不飽和脂肪酸を勉強していきたいと思います




不飽和脂肪酸には

オメガ9(オレイン酸)、オメガ6(リノール酸)、オメガ3(αリノレン酸)などがあります。


オメガ9(オレイン酸)


オリーブ油やピーナッツ油、チョコレートに含まれています。

悪玉コレステロール値を下げる働きや胃酸の分泌を調整する働きがあります

不飽和脂肪酸の中では酸化がしにくく加熱料理に使えます。
ですが、150℃以上で加熱すると有害な油へと変わってしまいます



オメガ6(リノール酸)


サラダ油やコーン油、ゴマ油、大豆油など植物油に含まれています。また、マヨネーズやスナック菓子にも多く含まれています。

血液を固めたり血管を収縮したりする働きがあります。




オメガ3(αリノレン酸)


エゴマ油や魚類、冬の野菜に豊富に含まれています。

魚類に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)などの脂肪酸です。

血液をサラサラにしたり、血管を拡張する働きがあります。



大切なことはオメガ6とオメガ3のバランスにあります。
オメガ6:オメガ3=4:1
が理想とされています。

しかし現在はオメガ6があふれ
オメガ6:オメガ3=25~50:1
ほどにもなっていることが分ったのです。



オメガ6の油は控えてるように心がけ魚類を中心にバランスのよい食生活を考えたいものですね

豆腐は食べた方が良い!!

豆腐に良質なタンパク質が豊富に含まれています。


人間の体には水分をのぞいた半分がタンパク質でできていると言われています。


また、豆腐などの大豆のタンパク質には肉や魚にはないタンパク質にはない成分が入っているのです。

それが「βーコングリシニン」という成分です。


βーコングリシニンの働きは

中性脂肪が肝臓でエネルギーに転換されるのを促進します。
 (中性脂肪を効率よく燃焼させてくれる働きがあります。)

小腸でも余分な脂肪の吸収を防ぎます。



中性脂肪が多くなると活性酸素が働きます。活性酸素とは細胞をサビさせ老化の促進につながっていく物質です。

美しいボディを目指すなら豆腐や大豆のタンパク質は積極的に摂っていきたい食材ですね

重曹知らないで使うと怖い

重曹「やってはいけない!」注意書き


『重曹』はいわゆる「地球に優しい・エコ掃除」の旗手的存在ですし、「魔法の粉」などと呼ばれたりすることもあるため、イイと聞いたら「何にでも・どこにでも」使ってしまう方がいます。

でも、決して「万能洗剤」などではありません!

間違った使い方をすることで、大事な家具や建具やファブリックを損なってしまう可能性もあるのです。

この注意書きを是非熟読して、失敗しないようにしてくださいね。


■変色してしまう

アルミ製品(鍋、食器など)…黒く変色します。ただ、薄めたお酢で煮るとリカバリできることがあります。
    
畳、ゴザ(い草製品)…繊維の中のタンパク質に反応して黄ばんでしまったり、シミになってしまいます。このリカバリは難しいです。

ジュート(黄麻)など天然繊維のラグやカーペット…畳同様。

・無垢材のフローリング、桐など天然木の柱や建具など…無塗装の木材も畳同様、変色したりシミになってしまうことがあります。

(無垢材以外の塗装した)木部分(出窓や腰高窓の枠など)…塗装してあっても変色したりシミになってしまうことがあります。掃除の際に、というよりは、「重曹水を入れたスプレー容器」などから垂れた液によって出来る輪ジミなどに注意しましょう。



■塗装がはげてしまう

・(アルミ以外の素材の)鍋や食器でも、重曹を使ってこすっているうちに塗装がはげてしまうことがあります。力の入れすぎ、深追いしすぎに注意。

・(無垢材以外の塗装した)木製の家具や建具を掃除するときに、重曹をつけたまま放置したり、拭く際に力を入れすぎることにより塗装が剥離してしまうことがあります。

・重曹を直接触れさせなくても、近くのものの塗装をはげさせてしまうことがあります。重曹を保管する際には密閉したほうが無難。消臭剤として置く場合にも注意が必要です(アルミの腐食なども)。

・(木材以外、プラスチック製などでも)表面の塗装が重曹による研磨ではがれてしまうことがあります。特に白物家電の類の掃除の際には、くれぐれも力の入れすぎ、深追いしすぎには注意しましょう。

・重曹水を沸騰させて掃除に使用する際(ガスコンロの五徳や、レンジフードの部品を煮洗いして、)それらの塗装がはげてしまうことがあります。50℃以上になった重曹水はpHが高くなっていますので、気軽に扱えるものではないと思ったほうが良いでしょう。

・重曹水をレンジにかけて沸騰させ、その蒸気で庫内を掃除するという「レシピ」があるようです。この際、蒸気やこぼれた液などが原因で電子レンジ庫内の塗装がはげてしまったり、故障の原因になることがあります。自己流掃除の結果は自己責任ですが、火災に繋がる可能性もあるので注意しましょう。


■白いシミになってしまう

・重曹を掃除に使った後、重曹成分が残って粉状、シミ状の白い汚れのようになってしまうことがあります。特に色の濃いものの上で目立ちます。できるだけ「濯ぎ拭き(酢水やクエン酸水を使って中和させることもあり)」して始末することでこれは防ぐことが出来ます。


■身体に及ぼす影響

・「重曹は素手でも使えて便利」という側面もあります(重曹をそのまま歯磨きや洗顔、身体洗い、洗髪に使って不都合ない人もいます)が、手荒れ・肌荒れする人もいます。重曹を触って指先がヌルつくのは、重曹が指先の皮膚のタンパク質を溶かすためです。皮膚が敏感な方や弱い方は扱いには充分注意したほうが良いでしょう。

重曹水が50℃以上になったものは、強アルカリを示すため、素手で扱うと危険です。

・「口に入れても平気」とは言われますが、わざわざ多量に食べてはいけません。体内の血液のpHの均衡が崩れる恐れがあり、特に乳幼児の誤食、誤飲には充分注意しなければいけません。ちなみに重曹は食べるとかなり「えぐい」「しょっぱい」です(ナトリウムなので)。

・重曹は白い結晶の粉末状で購入することが多いものですが、この粉末を吸入してしまうことで呼吸器を傷めたり、喘息を悪化させることがあります。粉末を吸い込まないように注意して扱う必要があります。

・重曹粉末、重曹水などが誤って目に入ってしまった場合、刺激があり結膜炎などの原因になることがあります。万一目に入ってしまった場合には速やかに洗い流し、眼科受診しましょう。



【All About 暮らしより】

浴槽のお掃除

1日の疲れを癒してくれるお風呂
キラキラとプラスエネルギーを感じ明日も頑張るぞと思えるようキレイにしたいですね


風呂釜のお掃除


お風呂釜の穴の上を5cmぐらいの位置に残り湯がくるように調節します。
そこに重曹を1カップいれて追い焚きし、そのまま一晩置いておきます。

翌日、排水しもう一度同じ位置までお水をためて3分ほど追い焚きし風呂釜内の水を循環させてから排水します。

最後にお水で濯いでスッキリとさせます。


1~2ヶ月おきにお掃除するといいですね



バスタブの湯垢

湯垢部分にキッチンペパーを押さえてお酢スプレーを貼り付けます。20分ほどなじませてからスポンジでこすっていきます。


湯垢や石鹸カスはアルカリ性にあるため、酸性のお酢で中和されて汚れが落ちやすくなります。

お酢スプレー
水:お酢=4:1
の割合で作ってみてね




プロフィール

Author:クルミ37



はじめましてo(^▽^)o

気のままに書いたり、記事を貼り勉強しています。
掃除や食事や家電製品に興味があります。
趣味は読書と映画鑑賞です。
介護福祉士をしています。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。